愛犬も西洋医学から東洋医学治療へ

ご覧いただき ありがとうございます
心と体の健康サポートKoko♡Karaの池内ひろ美です

キネシオロジーとヤムナを使うセッションや講座を愛知県名古屋市と三河方面で開催しております。

今年9歳になったコーギー犬のコウちゃん

チョット ぽっちゃりの14㎏だと思ったら

デブ犬 だったらしい 

 

そんなコウちゃん 11月頃から下痢が続き
1度 獣医さんに連れて行き 完治したと思ったのも束の間

12月の中旬からまた下痢続きだったので病院へ

犬の下痢は 日にちが経っても治らないから 早めに診察を…と言われていたので
速攻 病院へ

1回目は 原因が分からず 腸内の悪玉菌を整えるお薬を貰うが…下痢が続く

そして1週間後に血液検査とエコーの検査
なんと

栄養失調

食べても 下から出ちゃうんで14㎏あった体重も10,2㎏

そして処方されたお薬が「ステロイド飲み薬」

一瞬は症状が改善したかのようにみえるステロイド
副作用も色々とあるんだと思います。

飲ませたくない薬
っていうか『薬じたいが どうなん??』ってことなんだけど

このまま下痢続きも シンドイだろうと 少し症状が治まるまで服用と同時に

検索していたら 東洋医学・獣医さんを見付けた
鍼灸と漢方があるらしい

お休み明けは ここへ連れて行こう~とその前に

犬のツボとか経絡を調べた
なぁ~んだ!キネシオロジーがあるやん

なんで コウちゃんにキネシオロジー使わなかったんだろ

今頃 思い出す 

昨日 お昼の暖かい時間に 大腸喩(だいちょうゆ)というツボとその周りをマッサージしてみた
効能は消化不良、腸炎、便秘

便秘ではないけど 消化不良・腸炎
もう少し上の懸枢(けんすう)というツボはリウマチ、腰部捻挫、消化不良、下痢
背骨に沿って ゆっくりとマッサージをしてみたら

その後 コロンと横になって爆睡してたコウちゃん

これはいいぞ 東洋医学

自然治癒力を高める(自然療法)

夜には お灸を買って来て試してみる

火を使わないお灸

オヤツだと思って飛びついてきた 少し元気が出てくると、食べる事しか頭にない

バカ犬 

 

お灸は根気よく やってみるけど
なんとなく 元気になってきた様に見える

年末年始のお休みで 時間があって良かった

小さな身体だからね!自然療法で優しい治療がいいですな。

コチラの記事は 連載で書いていこ~

春には 玄関で番犬してますが・・・

なんせ人間好きの看板犬 ひぃ~~~~っ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL