女性の解剖学・生理学・骨盤・内臓を知るフランクリンメソッドセミナー受けてきました

女性の解剖学・生理学・骨盤・内臓を知るフランクリンメソッドセミナー受けてきました

ご覧いただき ありがとうございます
心と体の健康サポートKoko♡Karaの池内ひろ美です。

キネシオロジーとヤムナを使うセッションや講座を愛知県名古屋市と三河方面で開催しております。

昨年から女性ホルモン・更年期・自律神経と睡眠などなど・・・
女性の身体について学ぶ機会があって、

今回は女性の身体についての勉強とフランクリンメソッド®のボディーワーク!学びの日でした。

① 女性の解剖学・生理学

② 女性の骨盤・内臓 ~更年期、シニア指導~

クライアントの90%が女性の方ですし、女性がテーマのイベント依頼もあったりするので
とても興味深い内容でしたし、自分の為にも必要な勉強でした。

女性が自分自身の身体を知る事も大切ですが、男性がパートナー(奥様・彼女)の身体について
学ばれるのも大切かなと思います。

これは逆のパターンも言えますね。

まぁ~世の中 男性と女性しか居ないですからね!身体的な部分も精神的な部分もある程度知っておくのは
お互いの関係にとっていいのかも

ここ数年 よく目にするのは不妊治療のblogや記事

【不妊】となると昔は女性の身体が原因とされてきてましたが、検査結果では女性だけの問題ではないようなので
表面的な事だけではなく解剖学・生理学的な部分でお互いを知るという事は、お互いの理解を深める事にも繋がるのかな

そしてセミナーの内容ですが、

膀胱・子宮・卵巣の位置や大きさを知る
そして実際に触診

文章(言葉)だけの理解より、解り易い

そして

自分の身体の見えない部分を知る(理解する)手掛かりになって良かったです。

なるほど・なるほど 膀胱の上に子宮が乗っかっちゃってるのね
畜尿量は男性より少ない

そうよね

だから・・・

高速道路 サービスエリアの女子トイレは長蛇の列
なんてことを思い出しながら

子宮広間膜のストレッチ(マッサージ?)

このアプローチは子宮内体温の上昇に繋がり
不妊症や生理痛 そして排卵時痛へのアプローチとなるそうです。

これ!実際に体験してみると お腹がポカポカです。
股関節の動きもスムーズになったり

本日の私は先週の疲れがど・ど・ど・ど・ど・・っと出て骨盤まわりガチガチなのと
反り腰(骨盤前傾)がひどく、腰イテテ でしたが

楽ち~ん  となりました。

子宮広間膜へのアプローチ!ヤムナのボールでも出来るけど
色んなアプローチ方法を知っておくと クライアントさんに合わせて手技を選べるね

むむむむむっ

こうやって触診していくと 膀胱の上の子宮

思い出した 帝王切開の傷

ちょうど子宮の位置に横に切った帝王切開の傷があったんだわ

触診をしていたペアの方と
「適当に切られてた訳ではないのね」と話す

適当な訳ないだろーって話しですが  

触診のパートナーさんは帝王切開・立て切り、 私は横切り

出産だから筋肉だけではなく、子宮にメスが入っているわけで・・

ど~なっちゃるんだい私の子宮

表面的な部分は縫ってあるのが 見てわかるのだけど

切られた子宮はどんな処置をされているのかは・・・知らない

そして知らずに過ごしてはや24年  今さらジロー(昭和ネタ・(笑))

まあまあ 何かしらの影響は出てるはず!知らずに過ごすって

こ~ゆ~ことね!
帝王切開 立て切りと横切りでは、リスクも違うわよね!って事で
もうチョット色々と調べてみたいと思う

最後に骨盤底筋をイメージしたフランクリンメソッド®のワーク
やっぱりイメージをしながら身体を動かすって 動きの質が変わるよね!ってことで

指導現場でどの様に伝えるのか?は大事

最近 解剖学のアウトプットもせずに ボォ~ッと生きてたからな

復習を兼て 解剖学の勉強しよ~

ボォ~ッとしてたら 忘れていくばっかりだからね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL