村上和雄先生の映画に浸る

祈り

村上和雄先生の追悼映画「祈り」を先週オンデマンドで見て

今週末は「SWITCH」に浸ってました。

祈り

 

ご覧いただき ありがとうございます
心と体の健康サポートKoko♡Karaの池内ひろ美です。

キネシオロジーとヤムナを使うセッションや講座を愛知県名古屋市と三河方面で開催しております。

 

blogを書こう、書こうと…書きかけの記事が増えて
そのうち書く内容を忘れてしまい ご無沙汰の更新です。

村上和雄先生のこの記事も4月末に書きかけて・・もう6月末
何を書くんだっけ((笑))

そうそう日本の分子生物学者の村上和雄先生の訃報を知って驚きだった4月末

村上和雄教授の本に出合ったのが丁度10年前 アホは神の望みを読んで

いやっ!こんなに楽しいことが科学で証明されてるなんて科学の勉強嫌いだったけど今なら学べそうって思った。

10年前頃から心と体の繋がりを感じるような勉強と経験をし、キネシオロジーを学び始めたのも丁度10年前

この本に書かれていたのは
「心が体を治す」

「笑いがもたらす医学的効果」

「薬の代わりに笑いが処方される時代がくる?」興味深い内容じゃないですか?

薬を使わず、自分の免疫力をアップして病気を治す!副作用のない治療

私の好きな分野

その後 ご縁があって村上教授の講演会に参加できることになって、勉強嫌いだった私がDNA・遺伝子について科学の話を聞いていた。

一見 スピリチュアル的で不思議なお話を科学的な視点で説明をしてもらえたのは とても嬉しかったし助かった。

村上和雄教授のお話に

今の私達は目に見えるものの価値に重きを置きがちですが、実は、目に見えないもののほうが大切だと私は思っています。例えば「心」とか「命」もそうです。

極端な話になりますが、病気は医者が治すものではなく、医者は「ジャスト・ヘルプ(手助けするだけ)」といわれています。

人間の体の中には、あらかじめ「自然治癒力」というメカニズムが組み込まれていて、これが働かないことには病気は治らない仕組みになっています。

この世に人間として存在していること自体が、1億円の宝くじに百万回連続で当たったほどの幸運なのです。
ついでに言いますが、志の高い者に天は味方します。

とありました。

私達は目に見えるものの価値に重きを置きがち これ以外のものは全て怪しい・スピリチュアルと疑われることが多く

実は、目に見えないもののほうが大切ということは
なかなか伝えられない10年前だったので、村上教授の言葉にいつも元気をもらっていました。

そして村上和雄先生の追悼映画「祈り」を観て、そこから「祈り」の映画監督、白鳥監督を知り

あらぁ~っ 私が今まで考えていたこと、これからしていきたいことの答えと、ヒントがいっぱいの監督

この映画のタイトルでもある祈り の効果が科学的に証明されているお話はコチラから 

最近 白鳥監督のYouTubeが好きでよく観ます。

そこには水からの伝言も江本先生や、船井幸雄さんのお話がよく出てきます。
昔から本を読んだり講演会に参加していた方々のお話がここでまた出てくるということは

今までやってきたことで良かったと言うこと!って勝手に解釈しています。

祈りの力が科学的に研究され、証明されているのなら それをプラスに使っていきたいね。

映画もYouTubeもとても勉強になりました。

よかったらご覧くださいね 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL