ピンチはチャンスなんだけど…わざわざ『ピンチ』を引き寄せなくてもいいの!ハッピーになる事だけにエネルギーを使おっ

ピンチはチャンスなんだけど…わざわざ『ピンチ』を引き寄せなくてもいいの!ハッピーになる事だけにエネルギーを使おっ

ご覧いただき ありがとうございます
心と体の健康サポートKoko♡Karaの池内ひろ美です。

キネシオロジーとヤムナを使うセッションや講座を愛知県名古屋市と三河方面で開催しております。

この記事を書こうと思って・・

あら もう2週間以上も経ってしまいました。

人生の中で気付きのタイミングってあるもので

夏至も過ぎ 7月3日の新月に向かっているある日

遠方の仕事仲間が
「愛知へ行くので会いませんか?」と連絡をくれた

チョコチョコお話をする程度で以前から
『また ゆっくりお茶にでも行きましょ~』なんて言っていたので時間を合わせてランチへ

そんなに深いお付き合いではないのでお互いの事をいろいろと話す

そして

人生 全てが偶然ではなく、必然!ベストなタイミングで、いろんな事が起こるので

「なぜ こんな事が起きるんだ」

なぜ・なぜ・どうして???と焦らなくてもいいんだよね

後で思えば

「あぁ~こうなるから、これが起きたんだ!」って解るのよ
なんて話をしたら

『池内さんは いつからそう考えられる様になったんですか?』と質問された。

ここから池内さん波乱万丈!ピンチはチャンス話が永遠と続く

まあまあ 色々と持ってる私なんでピンチはチャンス話は何時間でも話していられるし

そんな話をすると
「それは凄い人生でしたね~それを乗り越えてきたんですね」とだいたい言われる

全然 自慢話にもならない話だけど

人生 乗り越えられる課題しかやってこない

と乗り越えてきた事は やっぱり自信になってるから どんな事が起きてもアタフタせず行動は出来る様になった。

そんな話をしながらランチも終わり 仕事仲間と別れ帰宅する途中に

あれっ 私 なんかピンチを乗り越えた話ししかしてなかったんじゃない

気付いてしまった

そうそう

人生 乗り越えられない課題はやってこないし

明けない 夜はないからそれはそれでいいのだけど

もしかして私 ピンチはチャンスの

ピンチを自ら引き寄せてたんじゃない

別に チャンス(ハッピー)な出来事だけある人生でも
OKなんじゃないかと今更 思う訳で・・

これ
・努力をしないと、頑張らないと どんなことも達成できないという思考が働いてたり

そして
・頑張らないと幸せになれないとか考えているのかも

そもそも
「私は幸せになってもいい」 という事にOKが出せているのか?という話し。

あぁ~身体の中にあった ピンチ話を全部話したら 色々と気付いちゃったわ

先日 「私は幸せになってもいい」をキネシオロジーの筋反射テストで身体に聴いてみると

はい!OFFでした。

でも、もしかして結構 多いかもOFFの人

子育ても終わって、残りの人生
不安な情報しか耳に入ってこない このご時世

・もうそんなに長生きしなくてもいいわ!
・もう子育ても終わったからど~でもいいわ!

って方、よく聞く 私もそうだったけど

いやいやチョット待って下さい

私の人生 これでおしまい??

別に長生きすることがハッピーな事とは思わないけど
あなたに不幸な人生を歩ませることが神様の目的ではないって昔聞いた事がある
だったらさっ、人生最後の日に
『あぁ~今世 幸せだったわ~』と言って幕を閉じたい

こんな事に気付くとキネシオロジーのセッションも変わって

・あなたのストレスは何ですか?イライラ・モヤモヤ・何だか不安・悲しい事の調整ではなく

幸せでいる為に必要なセッションが出来るんじゃないのかな!って思った。

そうそう 私たち全員 幸せになる権利はあるんです。

実際 自分で自分に問いかけてみた
それは他人の幸せのため?自分が幸せになるため?

それは他人は喜ぶことだけど、自分は喜んでる?

自己中心的に自分だけが幸せになるという意味ではなく、
自分が幸せで他者も社会もハッピーになる という意味で・・

ピンチチャンスで またドキドキ・ハラハラする様な出来事がくると暮しているより

チャンス(ハッピー)な毎日でいられる様に自分自身のご機嫌をとる

セルフキネシオロジーで自分を整える

少し今までとは見る視点、考え方が変わりキネシオロジーでバランスを整えて行くと
やっぱりね!環境も感情にも変化が出てきましたよ

6月の沖縄旅行を一緒にしてくれたヒーリング仲間たちの影響もあって
あの時 いろんなヒーリングを教えてもらったのも有り難かったな~

この自分を整える方法とその後の変化は
また次回に書いてみま~す  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL