カナダのキネシオロジー仲間とオフ会

ご覧いただき ありがとうございます
心と体の健康サポートKoko♡Karaの池内ひろ美です。

キネシオロジーとヤムナを使うセッションや講座を愛知県名古屋市と三河方面で開催しております。

カナダのキネシオロジー仲間が愛知に来てくれました~という記事はコチラから 
どこからでも「会えますか?」と訪ねて来てくれるのは嬉しいです。

しかも今回は なかなか会えないカナダからアメブロにも書いたんだけど
キネシオロジー14筋体操のYouTubeで みんな見てたし、

Masakoさんも皆のこと なんとなく知ってるからキネシオロジーオフ会をしようと
昨日開催したのだけど・・・

だうした 台風 なんでこの日なんでしょう?と大雨でしたが、
みんな楽しみに集まってくれました。

まあまあ ワタクシ 晴れ女なんですけども…真逆の嵐も呼ぶ女なんで
今回は嵐  呼んでみた(笑)

Masakoさんとコンタクトを取り出したのは
2016年にLos Angelesのキネシケアプログラムを受けて帰国してから

なんとなく チョット気になる言葉があって、その感情が心の奥に火種となって残っている

軽い気持ちで インナーチャイルドの癒しをすればいいんだ!ってMasakoさんのセッションを受けた。

カナダと日本 遠隔でのセッション
遠隔セッションはリコネクションとか、いろんなヒーリングで受けた事があるけど
そんなにガツンと影響が出るようなセッションはなかったので、本当に軽い気持ちで

「このモヤモヤがスッキリすればいいや」くらいの気持ちだったんだけど

そうそう 私 キネシオロジーケアプログラム 2週間受けた後だった・・
1日 2回のキネシオロジーセッションを受けてたんだ

潜在意識(無意識)な部分をバンバン調整していたって事がどんなことかも考えず

Masakoさんのセッションを受けた直後

今までにない怒りが身体の奥から出てきて自分では もうどうにも出来なかった

たぶん 心の奥にくすぶっていた最後の怒りに触れたんだと思う

怒りを面に出すことを許されなかった幼少期、怒りを面に出せば
何倍かになって自分にかえってくる

自然と何も言わなくなり、怒りを自分の中に溜める癖ができた
そして無意識に自分の脚や腕を殴っていた

大人になったら その怒りが全てエネルギーとなり
やりたい事は全て出来て、仕事もまあまあ順調に進む

怒りってねエネルギーになるんですよ
コノヤロー、コンチキショウ、負けるもんか~ってね

でも それが怒りなんてことは 大人の私は全然気付く事も無く
キネシオロジーケアプログラムで本間先生に
「ひろ美さん 怒りだよ!なに怒っているんだね?」と言われても サッパリ検討も付かず

『えぇ~っ!!怒り~?こんなに穏やかな私が???』な感じだった。

Los Angelesのキネシオロジーケアプログラムは

調整が全て「怒り」で帰国後のMasakoセッションで残りの怒りが全て出ちゃって一言

「死ぬかと思った2週間」だった。

セッション終了後から やり場のない怒り
無意識に自分の身体を殴り続ける、その時の写真があったのだけど…

写真ホルダーを見ても見当たらない アップしなくてもいいってことかな
結構リアルだし

この状態(感情)いつまで続くのかしら?とチョット困ってた!っていうかマジで死にそうだった。

今の自分じゃない、身体の奥からの悲鳴

その時 カナダのMasakoさんから
『その感情を感じ切って下さい』と言われ

感じ切ったのね!
2週間後の冬至に身体の中心のパイプがスッと掃除されたかのように怒りの感情がおさまった。

あぁ~感じ切ったんだな!ってそこからは昔の様なコノヤロー・コンチキショウーって感情は湧き上がらなくなって

そして数年後に「初めまして」でMasakoさんとご対面

いろんな積もる話もあったけど、折角の里帰り
帰国してジメジメした話しよりも、地元にいるキネシオロジー仲間とワイワイやりたかったし
海外のキネシオロジストと繋がる機会が出来たら皆も嬉しいかな  なんて勝手な想いからのオフ会

台風で大雨だったけど オフ会は笑いあり真剣な話ありで いい時間が過ごせました。

地元のキネシオロジー仲間の事は、
SNSの時代なので どこで何をしているか知る事も出来るけど
そこはサッパリ興味がなくて、健康で元気でいてくれたらそれでいいねって感じ

オフ会でいろんな話をシェアし合ったんだけど

いつでも 気兼ねなく集まる事の出来る関係でありたいと思った昨日。
昔はね、私が・・私が・・リーダーよって感じが前面に出てしまったけど

まぁ~そんな体力も無くなったのか?
そんな事はど~でもいい話になったのか?

いろんな輪が広まるといいなっ

最後は美味しかったランチの写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL