心身のバランスを整えるキネシオロジー講座(応用編)は親子関係がテーマでした

心身のバランスを整えるキネシオロジー講座(応用編)は親子関係がテーマでした

こんばんはっ
心と体の健康サポートKoko♡Karaの池内ひろ美です。

キネシオロジーとヤムナを使うセッションや講座を愛知県名古屋市と三河方面で開催しております。

4月から岡崎校では心身のバランスを整えるキネシオロジー講座・夜の部がスタートして
安城校では講座の応用編がスタートしました。

そして・・・なかなかブログ更新が出来ない状況に

気が付けば心身のバランスを整えるキネシオロジー講座(応用編)も前半3回が終了の昨日
3回目のテーマは【親子関係とキネシオロジー】でした。

この講座ではキネシオロジーのシンプルな筋肉の反射テストを使い、私たちが生きていく中で
よくある問題・怒り・不安・悲しみ・生きにくい思い癖などのストレスを整えながらセッションの仕方を学んでいく内容になっています。
テキストは方法を学ぶ為の物、 教材は生徒さん自身です。

人それぞれ 生きてきた過程が違い、家族や周りの友達にキネシオロジーをしてあげたいけど
先ず自分自身を整えたい

セミナーや講座をする度に感じていた部分を6回のカリキュラムにまとめたのが応用編となります。
そうですね
先ず自分の感情が整っていなければ、人のことをする余裕も出てきませんもんね。
生徒さんから学ぶことは多いです。

そして今回のテーマ【親子関係とキネシオロジー】

親⇔自分⇔子供

こんな図式
親からしたら自分は子供で、子供からしたら自分は親で

子供に関しての問題(ストレス)は子育て
・このままの子育てでいいのか?
・親としてもっと出来る事があるんじゃないか?
・子供と意見が合わない などなど

親に対しては、まぁ~沢山ありますよ
今 現在でしたら介護の問題が多かったりしますが、子供の頃から生きてきた年数分ありますね。

・親に言われた一言
・過干渉
・依存に共依存
・寂しい思いに、悲しい感情 そして怒り

もう昔のことだから、両親は亡くなってしまったからと思っている方が多いのですが
姿形が無くなれば、感情が消えるものでもなく、
ましてや【親孝行出来なかった・してあげられなかった】という感情は長く心に残るものです。

先ず 個々に思い出す親子関係で心身のバランスを整えておきたいテーマを決めペアでセッションをしていきます。
時にはクラス全体でのグループワークになり、心地良いエネルギーになります。

1月から始まった基礎編から5ヶ月
色んな感情や環境に変化が現れ、整ってきた生徒さん方ですが

『まだ こんな感情が残っているのね、私は同じところでグルグルしてるのかしら?』と言われる生徒さんもいましたが
そうです親子の関係というものは結構 根深いモノがあるんです。

オギャーと生まれた時から ずっと一緒に暮していましたからね。
子供にとって ご飯を食べさせてもらい、育ててもらっている親の存在は大きいもの
一番 信頼している親に何を言われ、どんな態度をされたかは身体の奥底に染みついていますよ。

だから少しずつ 根気よくキネシオロジーで整えていくんですよ

生徒さんに伝えながら 自分自身にも言い聞かせる
講師と生徒という立場をとれば みんな人間 同じなんです。

どれだけ整えても 怒りや悲しみ、寂しさも出てきますよ。
どんなことも 魔法の様にはいきません、徐々にですよ 徐々に

2週間に1回のこの講座
この間隔で応用編終了まで半年間 このタイミングがとても良い事に気付いた。

これからは個人でも この間隔で心身のバランスを整えるキネシオロジー講座を展開していこうかと考え中です。
後半は どんなドラマがあるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL